認知症にならないために。

食生活の欧米化により、日本人は今、色々な病気にかかりやすくなってしまっています。

癌、脳溢血、心臓病、腎臓病、肝臓病など身体のいたるところの内臓の病気の発症率は年々増加していますね。

そんな中でも怖いのが認知症ですね。

他の病気も大変だとは思いますが、認知症になった人を持つ家族というのは本人よりも大変な思いをしなければいけないのです。

一日中、その行動を見張っていなければならないし、夜も昼も寝られない毎日が続きます。

そうすると家族の人も病気になってしまう可能性も大きくなってしまいます。

そういうことで、普段からの認知症予防ということが大切ではないかと考える次第です。

認知症予防には色々あると思いますが一番いいのは常に脳の活性化を計るということです。

例えば、ピアノを弾くなどの指と頭を連動させる趣味などが脳を活性化してくれるといいます。

つまり、頭を常に働かせることが必要だということです。

ピアノ以外の楽器でもいいので、何か楽器を趣味にするということを実践してみてはいかがでしょうか?

もう一つおすすめなのがサプリメントを利用することです。

現在、認知症予防に特化したサプリメントがありますから、そういったものを継続して飲み続けてみるという方法も認知症予防には良い対策だと思います。

こちらの認知症予防のサイトでも紹介されていますので参考になると思いますよ。